新生児を守り、育てる

NICUの様子
NICUの様子

当院のNICUは2010年5月に開設され、森聡子室長をはじめ新生児治療に精通した小児科医が24時間体制で対応しています。
NICUとは新生児に高度の医療を提供できる施設のことです。早産の赤ちゃんや、リスクを抱えた赤ちゃんなどを24時間体制で見守り、集中的に治療をします。赤ちゃんの状態によっては、分娩時に新生児専門の小児科医が立ち合いますので、安心・安全なお産が可能になります。
赤ちゃんの状態が安定したら、退院後の生活がスムーズに始められるよう、赤ちゃんのケアだけでなく、ご両親・ご家族もサポートします。
当院で出生した赤ちゃんはもちろん、院外で出産された赤ちゃんも受け入れ、診療にあたっています。重症新生児仮死の脳低温療法や超早産の新生児についての治療は困難ですが、今後、徐々に対応できる疾患を増やしていきたいと考えています。また、福岡大学病院や九州大学病院など7つの地域の新生児医療機関と連携してNICUの有活利用の一翼を担い、地域の周産期医療にも貢献しています。

氏名(ふりがな) 森 聡子 (もり としこ)
[NICU室長]
森 聡子
卒業大学 福岡大学卒
出身医局 福岡大学小児科
専門分野 小児科全般
新生児
プロフィール 前福岡大学病院総合周産期母子医療センター 新生児部門助教

日本小児科学会認定 小児科専門医
日本周産期・新生児医学会認定 周産期(新生児)専門医
新生児蘇生法専門コースインストラクター
コメント 小児(特に新生児)領域を担当させていただきます。NICUでは、これまで周産期母子医療センターで新生児の治療に従事してきた経験を活かし、生まれたばかりの子どもたちとご両親が新しい生活をスムーズに始められるようにお手伝いしたいと思います。

NICU室長から

NICUでは、小児科医が24時間体制で対応しますので、リスクを伴う出産が予想される場合も、安心してお産にのぞんでいただけます。双子の赤ちゃん、在胎32週以降で、体重が2500gに満たない赤ちゃんなどを受け入れ、専門チームが診療にあたります。
出産後のお母さんは、体調や精神面に不安を抱いていますが、院内にいる赤ちゃんを専門チームがしっかりとサポートすることで、お母さんやご家族に安心感を与えてられるように努めています。他院からの搬送も受け入れており、この地で安心してお産を迎えられる環境が整っています。

小児科

小児科では、赤ちゃんとご家族が新しい生活をスムーズに始められるよう、ご出産から赤ちゃんの成長まで、総合的にサポートしています。

小児科の様子
お問い合わせは

092-832-1100(代表)

※電話受付時間/
9時~17時(月曜~土曜 ※祝日除く)

初診の方

092-832-1226(予約専用)

  • ※電話受付時間/9時~17時(月曜~土曜 ※祝日除く)
  • ※お電話で、「バースセンターの初診の予約」とお伝えください。
  • ※初診の方は、婦人科で受け付けをお済ませください。
  • 母子手帳をお持ちの方は、バースセンターをご受診ください。

婦人科/受付時間

受付時間
午前中
(9時~11時)

※土曜の初診につきましては、事前にバースセンター外来(TEL.092-832-1100代表)にお問い合わせください。

再診の方

092-832-1226(予約専用)

  • ※電話受付時間/9時~17時(月曜~土曜 ※祝日除く)
  • ※お電話で、「バースセンターの再診の予約」とお伝えください。
  • ※2回目以降は、バースセンターをご受診ください。

バースセンター/受付時間

受付時間
午前中
(9時~11時)
午後
(13時30分~16時30分)

※木曜および土曜午後の診察につきましては、事前にバースセンター外来(TEL.092-832-1100代表)にお問い合わせください。