痛みを和らげながら自然なお産

バースセンターでは、陣痛による痛みを和らげながらも、ママが希望される自然なお産を目指した無痛分娩(硬膜外麻酔分娩)を行っています。当センターでは無痛分娩に欠かせない麻酔科専門医が充実しており、麻酔科医と産科医が連携して、お産に臨みます。

無痛分娩をお考えの方は、内容をよくご理解いただき、主治医とご相談の上でご判断ください。
原則として妊娠12週までにお申し込みください。予約状況によりましては、ご希望に添えない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

無痛分娩(硬膜外麻酔分娩)とは?

陣痛による強い痛みを和らげ、過度の緊張をほぐし、身体をリラックスさせることにより、分娩の進行をスムーズにさせることを目的とする分娩の補助処置です。ママの意識ははっきりと保たれており、痛み以外のすべての分娩経過をしっかり味わうことができます。自分でいきむこともできますので、しっかりと主体性をもってお産をしたという満足感は、通常のお産と何ら変わるものではありません。

硬膜外麻酔とは?

脊椎の中にある硬膜外腔という場所に、硬膜外カテーテルとよぶ細いチューブを入れて、そのカテーテルから局所麻酔薬を入れることで、痛みを和らげる方法です。
無痛分娩時には、麻酔科医が硬膜外麻酔の処置をした後に産科医と協力して、陣痛の具合や分娩の進行をみながら、局所麻酔薬の量などを調節して分娩時の痛みを和らげます。

一般に無痛分娩は、硬膜外麻酔という方法で下半身のみを麻酔し、陣痛の痛みをとる方法で行われます。硬膜外麻酔は、帝王切開など一般の手術の際に広く行われている麻酔法です。この麻酔分娩では、ママの意識ははっきりと保たれており、いきむこともできますが、痛みをしっかりとろうとすると陣痛やいきむ力が弱まることもあります。バースセンターでは、麻酔の方法を工夫し陣痛の痛みを我慢できる程度まで和らげるようにしています。

留意点
  1. 陣痛による痛みがまったくなくなるわけではありません。
  2. 硬膜外麻酔中は歩くことができませんので、ベッド上で過ごします。
  3. 麻酔の影響で陣痛が弱くなることがあり、陣痛促進剤を使用します。吸引分娩になることがあります。
  4. 安全に確実に麻酔処置を行うために、原則として計画分娩で行います。

バースセンターの無痛分娩は、妊娠38~39週位までにすべて計画分娩で行っています。

お問い合わせは

092-832-1100(代表)

※電話受付時間/
9時~17時(月曜~土曜 ※祝日除く)

初診の方

092-832-1226(予約専用)

  • ※電話受付時間/9時~17時(月曜~土曜 ※祝日除く)
  • ※お電話で、「バースセンターの初診の予約」とお伝えください。
  • ※初診の方は、婦人科で受け付けをお済ませください。
  • 母子手帳をお持ちの方は、バースセンターをご受診ください。

婦人科/受付時間

受付時間
午前中
(9時~11時)

※土曜の初診につきましては、事前にバースセンター外来(TEL.092-832-1100代表)にお問い合わせください。

再診の方

092-832-1226(予約専用)

  • ※電話受付時間/9時~17時(月曜~土曜 ※祝日除く)
  • ※お電話で、「バースセンターの再診の予約」とお伝えください。
  • ※2回目以降は、バースセンターをご受診ください。

バースセンター/受付時間

受付時間
午前中
(9時~11時)
午後
(13時30分~16時30分)

※木曜および土曜午後の診察につきましては、事前にバースセンター外来(TEL.092-832-1100代表)にお問い合わせください。