助産師

お産が素敵な思い出になるように、丁寧に寄り添います

助産師
諸伏 美雪

助産師として20年以上、妊娠中のケアから分娩介助、出産後は育児指導までトータルで患者さんをサポートしています。

“退院したくない”居心地のよさと、“退院後に困らない”サポート

インタビュー風景

お産は一生に数回しか経験しないものです。「ここで産んでよかった」と妊産婦さんとご家族に心から思っていただけるよう、一番に妊産婦さんの思いを大切にして寄り添ってきました。入院中は快適に過ごしていただけるよう心がけているのですが、「居心地がいいから退院したくない」とまで言ってくださる方も。

また、出産後のサポートにも力を入れています。心身の状態に合わせてお母さん主体で育児をしていただくことで、退院後の育児へのスムーズな移行を目指しています。そして退院後もお電話でのご相談に応じ、不安や疑問の解消に努めています。ご両親など頼る方が近くにいなければ子育てに対しても不安になりがち。お母さんを取りまくさまざまな状況をみながら安心して子育てできるように地域の保健師さんとも連携して、育児をサポートしています。

教室でつながる、深まる お母さんたちの輪

当バースセンターでは、お母さんお父さんになる方に向けた「プレママ・プレパパ教室」や妊婦さんのための「マタニティ・ヨガ」、院内のプールで行うエクササイズ「マタニティ・アクア」「産後エクササイズ」などさまざまな教室をご用意しています。なかでもプレママ・プレパパ教室は、同じ喜びや不安をお持ちの方同士が出産前から交流するので、お友達ができる機会になると思います。

患者さんの悩みに寄り添い、サポートします

妊娠中は、つわりや便秘などのトラブルに悩まされる方が多くいらっしゃいます。なかには医師による診察が望ましい場合もあるため、体調の変化や悩みを丁寧にうかがいケアしています。産後の悩みで特に多いのは授乳のこと。母乳があまり出なかったり、赤ちゃんがうまく吸えなかったりして悩むお母さんが多いため、当センターでは母乳外来を設けて、授乳に関するご相談を受け付けています。

またお仕事に復帰するための早めの断乳や、自然な卒乳を目指すなど、ライフスタイルや考え方に合わせてサポートします。もちろん授乳だけでなく育児全般のご相談も受けています。

「あなたがいてくれてよかった」と言われる手厚いケア

ささいなことでも、患者さんの思いをしっかりキャッチすることを心がけています。私の経験の一つですが、ある妊婦さんは、安産を目指して体力づくりに励んでいました。ところがいざ出産となると分娩が思うように進みません。「こんなに頑張ってきたけど、帝王切開に変えようか、でも…」。苦しみながら悩まれていたため、一晩中そばにいて話をうかがいました。その後、無事に出産され「あのとき、あなたがいてくれて本当によかった」と言っていただいたこと、とてもうれしかったのを覚えています。

出産を予定している妊婦さんへのメッセージ

妊婦さんは、新たな生命が生まれることへの期待とともに、大きな不安を抱くものです。助産師の仕事をしている私でさえも、自分の出産は不安でした。しかし、お産は人生の中のかけがえのない経験でもあります。その貴重な時間を少しでも安心して過ごしていただくことが私たちの願いです。

ここでの出産が素敵な思い出になるように、スタッフ一同、全力を尽くしてまいります。

お問い合わせは

092-832-1100(代表)

※電話受付時間/
9時~17時(月曜~土曜 ※祝日除く)

初診の方

092-832-1226(予約専用)

  • ※電話受付時間/9時~17時(月曜~土曜 ※祝日除く)
  • ※お電話で、「バースセンターの初診の予約」とお伝えください。
  • ※初診の方は、婦人科で受け付けをお済ませください。
  • 母子手帳をお持ちの方は、バースセンターをご受診ください。

婦人科/受付時間

受付時間
午前中
(9時~11時)

※土曜の初診につきましては、事前にバースセンター外来(TEL.092-832-1100代表)にお問い合わせください。

再診の方

092-832-1226(予約専用)

  • ※電話受付時間/9時~17時(月曜~土曜 ※祝日除く)
  • ※お電話で、「バースセンターの再診の予約」とお伝えください。
  • ※2回目以降は、バースセンターをご受診ください。

バースセンター/受付時間

受付時間
午前中
(9時~11時)
午後
(13時30分~16時30分)

※木曜および土曜午後の診察につきましては、事前にバースセンター外来(TEL.092-832-1100代表)にお問い合わせください。