禁煙外来のご案内

禁煙外来ってどんなところ?

CHECK 「タバコをやめたいのにやめられない…」
 医師のアドバイスのもと禁煙をはじめましょう。
 「禁煙」を思いたったら、禁煙外来をご受診ください。

 喫煙は単なる習慣や嗜好ではありません。ニコチン依存症という治療が必要な病気ですので、個人の意志だけでは禁煙達成は困難なものです。
 禁煙外来では、医師が身体・精神的にサポートし、禁煙に導きます。

どんな治療をするの?

 禁煙外来の治療の流れは次のようになります(保険治療の一例)。

初回 治療法の説明の他、ニコチン依存度、喫煙の状況、禁煙に対する意識の度合いなどをチェックします。
呼気中の一酸化炭素濃度の測定、禁煙開始日の決定と「禁煙宣言書」へのサイン、治療のための禁煙補助薬を処方します。
2回目 初回から2週間後に再診し、喫煙状況の問診をします。呼気中の一酸化炭素の測定を行い、禁煙補助薬の追加処方をします。
3回目
4回目
4週目、8週目の再診でも、呼気中の一酸化炭素の測定とともに、離脱症状の確認や対処法などのカウンセリング、治療をします。
5回目 12週目の再診が最終回、治療終了です。
禁煙に成功していれば、そのまま禁煙を継続するためのアドバイスをします。

禁煙の薬ってどんなくすり?

 禁煙のための補助薬であるバレニクリン(飲み薬)、ニコチンパッチ(貼り薬)は、禁煙後の離脱症状を抑え禁煙を助けます。バレニクリンは喫煙による満足感も抑えます。
 バレニクリンは禁煙の成功率が約3倍、ニコチンパッチは禁煙の成功率が約2倍に高まります。


診察日

谷村 玲子(呼吸器内科):水曜日 午後

※診察は完全予約制です。前日までにご予約ください。

担当医師紹介

谷村 玲子

谷村 玲子 (たにむら れいこ)
日本禁煙学会認定指導医
日本呼吸器学会認定 呼吸器専門医
日本内科学会認定内科医

◆医師からのご案内◆

丁寧なカウンセリングと治療で禁煙をサポートします

 喫煙の影響は呼吸器疾患だけでなく、心筋梗塞といった循環器疾患、肌の老化などにまで及びます。
 「体に悪いことはわかっているけれど、やめられない」―意志の力では克服が難しいニコチン依存症ですが、医師と看護師のサポートがあれば、禁煙の成功率は大きく高まるといわれています。
 当院の禁煙外来では、循環器内科と呼吸器内科の専門医が症状に応じてサポートし、禁煙を成功に導くお手伝いをします。
 「禁煙しよう!」と心に決めたら、まずご相談下さい。