脳・神経機能センターの診療について(松島俊夫センター長による神経血管圧迫症候群・もやもや病に対する治療

神経血管圧迫症候群
(三叉神経痛、片側顔面痙攣、舌咽神経痛)に対する我々の外科治療

トップに戻る

 血管が脳神経を圧迫することにより症状が出る疾患は、神経血管圧迫症候群と呼ばれています。それらには、三叉神経痛、片側顔面痙攣、舌咽神経痛などがあります。三叉神経が上小脳動脈により圧迫され三叉神経痛が生じ、顔面神経が前下小脳動脈により圧迫され片側顔面痙攣が生じ、舌咽神経が後下小脳動脈により圧迫され舌咽神経痛が生じるわけです。これらの疾患に対して、薬物治療やブロック治療を行うだけでなく、病状が進行された患者さんには脳外科医ジャネッタが考案した後頭蓋窩神経血管減圧術(ジャネッタの手術)を盛んに行っております。

 顔面痛の一つの三叉神経痛は、歯科、耳鼻科などとの境界領域なので、しばしば他の疾患と鑑別が困難です。私共は、顔面痛のある患者さんに対して入院検査(約1週間)による鑑別診断も行っております。

 神経血管減圧術で治癒できる典型的三叉神経痛の特徴は、(1)片側の三叉神経支配領域(顔面)に起こる発作性の反復する激痛。(2)痛みの持続は1秒から30秒くらいと大変短く、1日に数回おき、時として数ヶ月から数年の休止期があるが再発する発作性。(3)会話、食事、洗顔、歯磨きなど顔面の運動で誘発される顔面痛。(4)顔面や口腔内に発作を起こす引き金となる部分、トリガーポイントがあり、触れると痛みが誘発されるなどです。特に神経痛の発症早期は歯痛と紛らわしく、よく似ているので病歴聴取からの注意深い鑑別が重要です。私共の所へも歯の治療で改善されず、それで初めて三叉神経痛と診断された患者さんが多く受診されます。

 神経血管減圧術による手術治療は、副作用のため薬が継続できない場合や、患者さんの年齢が若く根治治療を希望される場合に行います。手術は耳の後方から毛髪線に沿って切開し、三叉神経を圧迫している小脳動脈を確認し、神経を再度圧迫しないように、血管を移動させます。そのため、剃毛は手術側の耳介後部のみで十分です。この手術によって95%以上の患者さんの症状が消失または改善します。顔が勝手にピクピクする片側顔面痙攣でも、また咽頭から耳へかけての発作性疼痛の舌咽神経痛でも同様の手術で、95%が治癒できます。

■引用文献

  • 1)森岡隆人, 福井仁士, 松島俊夫, 北村勝俊, 園田博邦, 蓮尾金博:
    症候性三叉神経痛 -頭蓋内三叉神経減圧術を行った症例(いわゆる本態性三叉神経痛)との 術前鑑別 について-.
    臨床と研究 1986; 63: 2243-2248
  • 2)松島俊夫, 福井仁士, 山下正憲, アルバート・ロートン:
    三又神経痛に対する後頭蓋窩神経血管減圧術 特にInfratentorial lateral supracerebellar approach について.
    脳神経外科 15: 1047-1054,1987
  • 3)福井仁士, 松島俊夫: 顔面半側けいれん.
    ブレインナーシング 5: 971-975,1989
  • 4)Matsushima T, Inoue T, Fukui M: Arteries in contact with the cisternal portion of the facial nerve in autopsy cases : Microsurgical anatomy for neurovascular decompression surgery of hemifacial spasm. Surg Neurol 1990; 34: 87-93
  • 5)野村智二郎, 松島俊夫, 西尾俊嗣, 福井仁士, 園田博邦:
    三又神経痛-アンケートによる最近の実態調査-.
    ペインクリニック 1990; 11: 851-855
  • 6)松島俊夫, 野村智二郎, 池崎清信, 西尾俊嗣, 井上亨, 福井仁士:
    三叉神経痛に対する神経血管減圧術の治療成績-長期追跡調査-.
    慢性疼痛 1993; 12: 193-197
  • 7)松島俊夫: 神経血管圧迫症候群 -神経血管減圧術の現況-.
    福岡医学雑誌 87: 87-91,1996
  • 8)石橋秀昭, 松島俊夫: 三叉神経痛の診断.
    LiSA 4: 424-427,1997
  • 9)宮園正之, 松島俊夫, 福井仁士: 三又神経痛の外科的治療法:神経血管減圧術. LiSA 4: 442-444,1997
  • 10)Matsushima T, Yamaguchi T, Inoue T, Matsukado K, Fukui M:
    Recurrent trigeminal neuralgia after microvascular decompression using interposing technique -Teflon felt adhesion and sling retraction technique - Acta Neurochir 2000; 142: 557-561
  • 11)松島俊夫, 一つ松 勤、稲村孝紀、名取良弘、井上 亨、福井仁士:
    片側顔面痙攣に対する神経血管減圧術---ピットフォールとその克服
    脳神経外科ジャーナル、10:164-172, 2001
  • 12)松島俊夫、井上亨、卯田健、一つ松勤、冨永昌宗、中嶋保則、十時忠秀:
    舌咽神経痛に対する神経血管減圧術-術前診断法、原因圧迫血管、顆窩経由法と手術成績-
    ペインクリニック2003; 24:1641-1647
  • 13)宮園正之,井上琢哉,松島俊夫 (2003) 拡張蛇行した石灰化を伴う椎骨動脈が原因の片側顔面痙攣の一手術例.脳神経外科 31: 437-441
  • 14)Hitotsumatsu T, Matsushima T, Inoue T (2003) Microvascular decompression for treatment of trigeminal neuralgia, hemifacial spasm, and glossopharyngeal neuralgia: three surgical approach variations: technical note. Neurosurgery 53: 1436-1441
  • 15)Matsushima T, Huynh-Le, Miyazono M: Trigeminal neuralgia caused by venous compression
    Neurosurgery 2004: 55:334-339
  • 16)松島俊夫, 一つ松 勤、井上 亨: 神経血管減圧術のための外科解剖、脳神経外科ジャーナル、14:84-92, 2005
  • 17)Hiwatashi A, Matsushima T, Yoshiura T, Tanaka A, Noguchi T, Togao O, Yamashita K, Honda H (2008) MRI of Glossopharyngeal Neuralgia Caused by Neurovascular Compression. Am J Roentgenol 191:578-581
  • 18)松島俊夫、峯田寿裕 (2008) 神経血管圧迫症候群 — 特に神経血管減圧術の現状脳神経外科、36-4:303-313
  • 19)峯田寿裕, 松島俊夫, 増岡 淳, 河島雅到 (2008) 微小外科解剖に基づいた三叉神経痛の手術-特にIntratentorial Lateral Supracerebellar Approachと錐体静脈の処理について- 脳神経外科ジャーナル 17:754-760
  • 20)松島俊夫、峯田寿裕 (2009) 神経血管圧迫症候群 — 特に三叉神経痛、片側顔面痙攣、舌咽神経痛の診断と治療 臨床と研究86: (8) 1057-1060
  • 21)Kawashima M, Matsushima T, Inoue T, Mineta T, Masuoka J, Hirakawa N (2010)
    Microvascular Decompression for Glossopharyngeal Neuralgia Through the Transcondylar Fossa(Supracondylar Transjugular Tubercle)Approach. Neurosurgery 66(suppl 21):275-280
  • 22)Funaki T, Matsushima T, Masuoka J, Nakahara Y, Takase Y, Kawashima M (2010)
    Adhesion of rhomboid lip to lower cranial nerves as special consideration in microvascular decompression for hemifacial spasm: Report of two cases. Surg Neurol Int. 18;1:71
  • 23)松島俊夫, 増岡 淳 (2010) 三叉神経痛の診断は、MRI, MRAだけでできるか?.脳神経検査のグノ‐ディ・セアウトン‐この検査では、ここが見えない‐182-184
  • 24)Masuoka J, Matsushima T, Kawashima M, Nakahara Y, Funaki T, Mineta T (2011)
    Stitched sling retraction technique for microvascular decompression: procedures and techniques based on an anatomical viewpoint. Neurosurgical Review 34(3):373-9
  • 25)河島雅到、松島俊夫 (2011) 神経血管圧迫症候群の外科治療 神経内科 75(2): 137-145
  • 26)高口素史、中原由紀子、河島雅到、高瀬幸徳、松島俊夫 (2011) 神経血管減圧術により呼吸障害の著明な改善を認めた延髄圧迫症候群の1例.脳神経外科:39(11) 1085-1089
  • 27)Nakahara Y, Matsushima T, Hiraishi T, Takao T, Funaki T, Masuoka J, Kawashima M (2013) Inportance of knowledge of rhomboid lip in microvascular decompression surgery for hemifacial spasm. J Neurosurg
お問い合わせ:TEL:092-832-1100(代表) 受付時間:月~土曜 午前9時~午後5時