せぼね外来のご案内

せぼね外来ってどんなところ?

 脊椎に関係する病気は、首や腰の痛み、神経のまひ等多様です。このため診断・治療には高い専門性が必要となります。そこで当院整形外科では、脊椎の疾患に特化した「せぼね外来」を開設し、予約制で診療しています。

対象となる疾患は?

 「首が痛い」「腰が痛い」「手足のしびれ」「長い距離を歩けない」「骨がもろくなった」など首から腰までの脊椎が原因でおこる病気を治療します。対象疾患は、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、後縦靭帯骨化症、さらに最近増加している骨粗鬆症による脊椎圧迫骨折などのすべての脊椎疾患です。

具体的な治療は?

 外来での問診、レントゲン、MRIなどの画像検査で診断を行います。安静、内服や湿布などの薬物治療、ブロック注射などを実施して症状の改善をはかりますが、これらの治療で効果が見られない場合は手術を行うなど脊椎専門医が症状に合わせて、最新かつ最善の治療法を提供しています。

 特に腰椎椎間板ヘルニアに対しては、ヘルニアの大きさや部位により、内視鏡視下ヘルニア摘出術と手術用高精度顕微鏡を用いたヘルニア摘出術のいずれかを選択し、各個人の病態にもっとも適した治療法を行っています。 また、高齢化に伴い激増している骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折による難治性疼痛に対しては、最新の治療法である、経皮的バルーン後弯形成術(BKP手術)を施行している数少ない病院です。

 詳しくはこちらをご覧ください。
 脊椎手術について http://f-sanno.kouhoukai.or.jp/medical/sekitsui_seikei.html

医師のご紹介

せぼね外来
医師のご紹介
特別外来 せぼね外来
氏名(ふりがな) 密川 守 (みつかわ まもる)
[脊椎外科部長]
密川 守
卒業大学 久留米大学卒
出身医局 久留米大学整形外科
専門分野 脊椎、脊椎圧迫骨折等
プロフィール 久留米大学整形外科講師
前済生会二日市病院整形外科主任部長
元米国エモリー大学脊椎外科研究員

日本整形外科学会認定 整形外科専門医・脊椎脊髄病医・運動器リハビリテーション医
日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医
日本障がい者スポーツ協会認定 障がい者スポーツ医
国際腰椎学会:The ISSLS Prize(2004)
側弯症学会:Russells Hibbs Basic Sience Award(2004)
医学博士


お問い合わせはTEL:092-832-1100 ご予約はTEL:092-832-1226 受付時間 月~土曜 午前9時~午後5時