医療法人社団 高邦会 福岡山王病院

血液透析センター

血液透析センターの特徴

透析中における安定した血行動態、患者様の心身の負担の軽減を重視しています。また、ももち浜の豊かな自然環境と患者様本位のアメニティが充実した環境の中でリラックスして透析を受けていただくことができます。

全身のトータルケアを重視

定期的な血液検査、心電図検査、超音波エコー検査、腹部CT検査によって、合併症の早期発見・治療に努めています。さまざまな合併症や全身状態の管理を内科、循環器内科、外科、整形外科、眼科、皮膚科などと連携して治療にあたり、定期的な回診を行っております。

快適な透析環境

食事(一例) 食事(一例)
血液透析は週に3回、1回につき4~5時間を要します。当センターでは、透析ベッドに個人用テレビを完備し、ゆったりとした環境の中で経験豊かな透析専門スタッフが丁寧に対応します。
ご希望の患者様には、管理栄養士監修による食事の用意もございます。

透析の清浄化

透析で使用する透析液は、1回に約120リットルにも及び、この透析液の中にエンドトキシンと呼ばれる不純物が長期に及ぶ透析で動脈硬化・透析アミロイドーシス(骨嚢胞・手根管症候群・ばね指の原因)・栄養障害を引き起こすことがわかってきました。
当センターでは最新の透析機器を導入し、透析液の水質基準を体内に入れても問題にならないレベルにまで清浄化することで、質の良い透析を安心して受けていただけるよう努めております。