バースセンターではママが希望される方なら、パパをはじめお子様など、どなたでも分娩に立ち会えます。
ご希望の方は、事前にスタッフにご相談ください。

自然分娩

医療介入を極力避けるお産のスタイルです。
陣痛が起こってから来院していただき、陣痛が自然に強くなって分娩にいたるまで、ママの「産む力」をスタッフ一同で最大限にサポートします。

無痛分娩 痛みを和らげながら自然なお産

バースセンターでは、陣痛による痛みを和らげながらも、ママが希望される自然なお産をめざした無痛分娩(硬膜外麻酔分娩)を行っています。当院では無痛分娩麻酔管理者を配置するなど厚生労働省の「無痛分娩の安全な提供体制の構築に関する提言」に基づき自己点検を行い、すべての項目を満たすよう適切な対策を講じています。

計画分娩

計画分娩は、自然の陣痛を待たずに陣痛誘発(促進)剤を用いて人工的に陣痛を起こします。ご主人の立ち会いを希望する方や、ご家族の都合に合わせて、ご出産の日をあらかじめ決めることができます。また、当院の無痛分娩はすべて計画分娩で行います。この他にも、血圧上昇や妊娠糖尿病の方、赤ちゃんが大きすぎる場合や予定日超過などの際にも計画分娩を行うことがあります。

帝王切開

ママや赤ちゃんが普通のお産には危険で耐えられない場合、帝王切開が必要になります。妊娠中から危険が予測されるため予定して行う選択的帝王切開と、妊娠の状態が危険な時やお産の途中で危険と判断した場合に行う緊急帝王切開に分けられます。当院では、お産の 35%前後は帝王切開となっています。帝王切開には麻酔が必要ですし、普通のお産と比べてお産に伴う出血や感染症が多くなる上、稀ではあるものの腸や膀胱などの臓器損傷や静脈血栓・肺塞栓などの危険を伴うため、主に以下のような場合に限って帝王切開を行います。

帝王切開が必要なのは?

選択的帝王切開
  • 子宮筋腫・子宮形成などの子宮の手術を受けたことがある場合や帝王切開をしたことがある場合
  • 赤ちゃんが骨盤位(さかご)や多胎妊娠
  • 胎盤が前置胎盤・低置胎盤
  • 児頭骨盤不均衡(狭骨盤)
緊急帝王切開
  • 赤ちゃんの状態が思わしくない場合(胎児機能不全)
  • 妊娠高血圧症候群や常位胎盤早期剥離が起こった場合
  • お産が非常に長びいた場合(遷延分娩)
帝王切開の流れ

手術直前から尿管を入れて持続導尿し、血栓予防処置を始めます。点滴と尿管は手術の翌日まで続けます。手術の麻酔は通常、下半身麻酔で行い、手術中も意識はありますから、生まれた赤ちゃんにすぐ対面することができます。手術の翌日から食事を開始し、少しずつ歩いていただきます。鎮痛処置をしっかり行うようにしていますので、痛みの心配はありません。数日するとシャワーもでき、普通のお産の場合とほぼ同じように過ごせるようになりますが、長めの入院が必要になります。当院では通常、手術の日とその後9日間の入院が必要です。

里帰り出産

バースセンターで里帰り出産を希望される方は、原則として妊娠20週までにお申し込みください。
無痛分娩をご希望の方は、原則として妊娠12週までにお申し込みください。
分娩のご予約は、バースセンターで受け付けます。

初診時にお持ちいただくもの
  • 健康保険証
  • 母子健康手帳
  • 妊婦健康診査助成券
  • 診察券(当院を受診されたことがある方)
  • 産科補償制度の控え
  • 紹介状(里帰り出産をされる方は必要です)
お願い

妊娠34週以降は、定期的に妊婦健康診査をお受けください。

お問い合わせは

092-832-1100(代表)

※電話受付時間/
9時~17時(月曜~土曜 ※祝日除く)

初診の方

092-832-1226(予約専用)

  • ※電話受付時間/9時~17時(月曜~土曜 ※祝日除く)
  • ※お電話で、「バースセンターの初診の予約」とお伝えください。
  • ※初診の方は、婦人科で受け付けをお済ませください。
  • 母子手帳をお持ちの方は、バースセンターをご受診ください。

婦人科/受付時間

受付時間
午前中
(9時~11時)

※土曜の初診につきましては、事前にバースセンター外来(TEL.092-832-1100代表)にお問い合わせください。

再診の方

092-832-1226(予約専用)

  • ※電話受付時間/9時~17時(月曜~土曜 ※祝日除く)
  • ※お電話で、「バースセンターの再診の予約」とお伝えください。
  • ※2回目以降は、バースセンターをご受診ください。

バースセンター/受付時間

受付時間
午前中
(9時~11時)
午後
(13時30分~16時30分)

※木曜および土曜午後の診察につきましては、事前にバースセンター外来(TEL.092-832-1100代表)にお問い合わせください。