医療法人社団 高邦会 福岡山王病院

診療科・センター

脳神経内科

[てんかん・すいみんセンター長、神経内科部長]

萩原 綱一 (はぎわら こういち)

専門分野 脳神経内科、てんかん、脳波
卒業大学 九州大学
出身医局 九州大学神経内科学および臨床神経生理学教室
学会・資格等 福岡国際医療福祉大学准教授
医学博士
日本神経学会認定指導医・神経内科専門医
日本てんかん学会認定指導医・てんかん専門医
日本内科学会認定内科医
日本臨床神経生理学会認定医(脳波および筋電図)
経歴など 前Institut national de la santé et de la recherche médicale(INSERM, France)所属研究員(Department of Functional Neurology and EpileptologyおよびNeuroPain laboratory, Neurological Hospital, Lyon, Franceにて臨床研究活動)
元九州大学臨床神経生理学教室助教
メッセージ
電気生理学的神経機能検査(頭皮上・頭蓋内脳波など)を駆使して診断・治療を行います。
内服薬で発作の治まらない難治性てんかんについては、定位的頭蓋内深部脳波(Stereo-electroencephalography, SEEG)を用いることで発作起始部位を精確に同定し、外科的治療について検討します。

[てんかん・すいみんセンター副センター長、神経内科副部長]

上原 平 (うえはら たいら)

専門分野 脳神経内科、てんかん、脳波
卒業大学 九州大学卒
出身医局 九州大学神経内科
学会・資格等 国際医療福祉大学医学部准教授
医学博士
日本内科学会認定総合内科専門医
日本神経学会認定指導医・神経内科専門医
日本てんかん学会認定 指導医・てんかん専門医
日本臨床神経生理学会認定医(脳波)
経歴など 前国際医療福祉大学成田病院
元九州大学臨床神経生理学助教
元九州大学神経内科学助教
メッセージ
脳神経内科疾患全般を診療し、特にてんかんを専門にしています。
高齢者や妊娠中の方も含め、お一人おひとりに合わせたてんかんの治療を提供しています。
また、てんかんかどうか紛らわしい場合の専門的診断も行っています。

三好 絢子 (みよし あやこ)

専門分野 脳神経内科
卒業大学 熊本大学
出身医局 九州大学神経内科
学会・資格等 日本神経学会認定神経内科専門医
日本てんかん学会認定てんかん専門医
日本内科学会認定内科医
経歴など 前国立病院機構大牟田病院
元広島赤十字・原爆病院
メッセージ
長く付き合っていく脳神経内科の病気では、対話を通して患者様やご家族との価値観を大切にしながら治療を進めていきたいと思います。

梅谷 啓太 (うめたに けいた)

専門分野 脳神経内科、てんかん
卒業大学 福岡大学
出身医局 福岡大学脳神経内科
学会・資格等 日本神経学会認定神経内科専門医
日本内科学会認定内科医
日本救急医学会認定ICLSインストラクター
経歴など 前福岡大学病院
元静岡てんかん・神経医療センター
メッセージ
「心身ともに穏やかに」を心がけ、多様な視点から患者様へ情報を提供できるよう、自分自身を高めています。
患者様が抱える悩みをともに考え、最適な治療を提供するため日々努力しています。

[非常勤]

重藤 寛史 (しげとう ひろし)

専門分野 神経内科、脳波、てんかん
卒業大学 九州大学
出身医局 九州大学神経内科
学会・資格等 医学博士
日本神経学会認定指導医・神経内科専門医
日本認知症学会認定指導医・認知症専門医
日本てんかん学会認定てんかん専門医
日本内科学会認定内科医
日本臨床神経生理学会認定脳波・筋電図認定医
日本睡眠学会認定睡眠医療認定
経歴など 前福岡山王病院てんかん・すいみんセンター長
前国際医療福祉大学教授
元九州大学病院診療准教授
元Cleveland Clinic Foundation研究員
メッセージ
てんかんは脳細胞の過剰な興奮により意識消失やけいれん発作を繰り返す病気で、100人に1人弱がかかる病気です。
どの年齢でも発症する可能性があり、超高齢社会を迎えた日本では高齢者での発症数も増加しています。
発作を起こさないようにするには、発作症状や脳波、脳MRI検査から正しい診断を行い、てんかんのタイプに合った治療を選択することが大切です。
てんかん・すいみんセンターでは最新で最良の診断・治療を行うことをめざしています。

[非常勤]

谷脇 予志秀 (たにわき よしひで)

専門分野 脳神経内科
卒業大学 山口大学
出身医局 九州大学神経内科
学会・資格等 医学博士
日本神経学会認定指導医・神経内科専門医
日本内科学会認定総合内科専門医
経歴など 前福岡山王病院神経内科部長
メッセージ
脳神経内科一般を担当しています。
頭痛、しびれ、ふるえ、めまい、物忘れなどの症状があれば診察、検査を行い、診断します。
また、パーキンソン病や脊髄小脳変性のケアや脳卒中後遺症に対するリハビリを入院で診療しております。

[非常勤、福岡中央病院脳神経センター認知症診療部長]

山下 謙一郎 (やました けんいちろう)

専門分野 脳神経内科、認知症
卒業大学 九州大学
出身医局 九州大学神経内科
学会・資格等 国際医療福祉大学トランスレーショナルニューロサイエンスリサーチセンター准教授
医学博士
日本神経学会認定指導医・神経内科専門医
日本認知症学会認定認知症指導医・専門医
日本内科学会認定総合内科専門医、認知症サポート医
経歴など 東京大学大学院修了
前九州大学大学院医学研究院臨床神経生理学助教
元久留米大学病院
元小倉記念病院
元国立筑後病院
元九州大学病院
元九州厚生年金病院
メッセージ
脳神経疾患は慢性の経過をたどることも多く、医療だけでなくリハビリや行政サービスとの連携が非常に重要であると考えています。
一人ひとりの患者様の状態に合わせてそれらを有機的に組み合わせることで、急性期だけでなく退院後の生活向上にも寄与できるような診療をめざしたいと思います。

[非常勤]

井浦 とも (いうら とも)

専門分野 脳神経内科

[非常勤、高木病院脳神経内科部長]

藤岡 伸助 (ふじおか しんすけ)

専門分野 脳神経内科(パーキンソン病および関連疾患、認知症疾患、脳卒中)
卒業大学 福岡大学
出身医局 福岡大学医学部脳神経内科
学会・資格等 国際医療福祉大学医学部教授
医学博士
日本内科学会認定指導医・総合内科専門医
日本神経学会認定神経内科専門医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
日本認知症学会認定認知症専門医
経歴など 前福岡大学医学部脳神経内科准教授
メッセージ
神経疾患全般幅広く診療している。また、神経変性疾患、特にパーキンソン病の早期診断と薬物やデバイスを用いた最新治療を得意とする。患者様の症状に対して適切なアプローチを行い、正確な診断を行うことを心がけている。